XMTradingの出金方法は難しい?手数料や反映までの日数は?ボーナスは消滅する?

2019年10月21日

XMTrading(エックスエム)

このページではXMTrading(エックスエム)の出金方法や注意事項などを説明していきます。

一度覚えれば難しくありませんので最後までご覧ください。

XMTradingの出金方法の種類

XMTradingでは、海外送金、クレジットカード、bitwallet、SticPay4種類の出金方法を利用出来ます。

これから一つずつ出金手順や注意事項などをお伝えしていきます。

※マイページにログインし資金の出金と書いてあるリンクボタンを押せば出金ページが開きます。

XMTrading(エックスエム)

海外送金

XMTrading(エックスエム)

XMTradingの入金方法のページでお伝えしましたが、XMTradingへの入金は国内銀行振込が可能でしたが、出金は海外送金になります。(国内銀行振込は不可)

海外送金は少々手続きが面倒になりますので詳しく説明していきます。

まず手順を説明する前にXMTradingから海外送金で出金が行なえない銀行が幾つかあります。

海外送金不可の銀行
ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行 みずほ銀行(インターネット支店だけ)、じぶん銀行

上記銀行は海外送金で出金が行なえませんのでご注意下さい。

それでは海外送金での出金手続きの説明をしていきます。

まず、XMTradingマイページの出金ページを開くとInternational Wire Transferと書かれた項目があると思いますが、これが海外送金での出金になります。

開くと入力する項目が多くあるので順番に説明します。

XMTrading(エックスエム)
 

書き方・選び方の説明

受取人の下のお名前(全角カナ表記)

既に入力されているのでそのままでOKです。

受取人の姓(全角カナ表記)

既に入力されているのでそのままでOKです。

受取人のお名前(フルネーム)

ローマ字でフルネームを入力して下さい。

受取人の住所

ローマ字で自宅住所を入力して下さい。 ローマ字での住所の書き方が分からない方はこちらをご利用下さい。

受取人の銀行口座番号/IBAN

受け取る銀行の口座番号を半角数字で入力して下さい。

銀行名

受け取る銀行名を選択しますが、プルダウンに無い場合は一番下のOTHERを選択して下さい。 OTHERを選択すると同じ列の一番右に入力欄が現れるので半角英数字で直接銀行名を入力して下さい。

SWIFTコード

各銀行にSWIFTコードと呼ばれるものがあるので、受け取り銀行のSWIFTコードを入力して下さい。

銀行所在地

受け取る銀行の住所をローマ字(半角英数字)で入力して下さい。

支店名

受け取る銀行の支店名をローマ字(半角英数字)で入力して下さい。

支店コード

受け取る銀行の支店コードを半角数字で入力して下さい。

次の項目にいきます。

 

書き方・選び方の説明

仲介銀行

銀行名・SWIFTコード・銀行所在地の入力は必須ではないので分かる場合は入力して下さい。

出金額

出金したい金額を半角数字で入力して下さい。

追記

XMTradingの何か伝えたい事があれば入力して下さい。

同意事項

同意事項の確認があるので同意する場合はチェックを入れて下さい。

全ての入力を終えリクエストをクリックすれば海外送金での出金手続きは完了です。

海外送金の注意事項

XMへの手数料は出金額によって変わる

20000円以上の出金はXMTradingへの手数料が無料ですが、20000円以下の出金の場合は3000円程度の手数料が掛かりますのでご注意下さい。

手数料が2000円~5000円程度掛かる

海外送金は国内銀行振込と違い中継銀行などへの手数料が2000円~5000円ほど必要になります。出来るだけ纏めて出金するようにした方が良いでしょう。

受け取り銀行の情報

出金手続き時に受け取り銀行の情報をローマ字で入力しなければいけませんが、ご使用になる銀行のホームページなどに掲載されていると思いますのでご確認下さい。もしも掲載されていない・見方が分からないなどありましたら、銀行へ問い合わせて聞くと良いでしょう。

着金までは3~5営業日かかる

国内銀行振込と違い海外送金は出金手続きをしてから3~5営業日程度掛かります。

出金できない銀行がある

先程お伝えした通り、海外送金での出金ができない銀行があります。ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行、みずほ銀行(インターネット支店だけ)、じぶん銀行以外の銀行を指定して下さい。
 

クレジットカード

XMTrading(エックスエム)

XMTradingの入金方法のページでお伝えしましたが、クレジットカードへの出金はクレジットカードからXMTradingへ入金した分だけしか出金が行なえません。

また、自分自身でクレジットカードへの出金手続きをを行なわないで、他の出金方法を指定してもクレジットカードから入金した分は自動的にクレジットカードへ出金されます。

例)クレジットカードで10万円を入金、利益が20万円で口座残高30万円 30万円の内15万円を海外送金で出金手続きをした場合、5万円分だけ海外送金で処理され、残りの10万円はクレジットカードで入金した分なのでクレジットカードへ出金されます。

このようになるのでクレジットカードは出金というより、返金と考えた方が良いかもしれません。(クレジットカードで入金しない方には全く関係のない出金方法です)

それではクレジットカードでの出金手順を説明します。 出金一覧ページからクレジットカードを開くと下記の画面が現れるので出金したい金額(最大値はクレジットカードで入金した金額)を入力してリクエストボタンを押せば完了です。

XMTrading(エックスエム)
 
クレジットカードの注意事項

クレジットカードで入金をしないと出金画面に表示されない

クレジットカードで一度でも入金を行なわないと出金画面に表示すらされません。クレジットカードで入金し、既に全額クレジットカードに戻された後は、クレジットカードの出金ページを開くと「決済が拒否されました」と表示され出金手続きは出来なくなります。

クレジットカードに出金できるのは入金した金額分だけ

何度もお伝えしていますが、クレジットカードからXMへ入金した金額分以上はクレジットカードへ出金は行なえません。

クレジットカードで入金した分は強制的にクレジットカードへ

クレジットカードで入金した分は他の出金方法を選択しても強制的にクレジットカードへ戻される仕組みになっています。他の出金方法で手続きをした場合はXMからクレジットカードへ出金した旨の連絡があります。

XMへの出金手数料は無料

クレジットカードへの出金でXMTradingに支払う手数料は無料です。

着金までは1~2ヵ月かかる

ご使用のクレジットカードの締め日などによって変わりますが、着金まで1~2ヵ月掛かりますのでご注意下さい。
 

bitwallet(ビットウォレット)

XMTrading(エックスエム)

bitwalletへの出金も先程のクレジットカードと同様です。 bitwalletからXMTradingへ入金した金額分だけを出金可能です。

また、他の出金方法を選択してもbitwalletから入金した分は強制的にbitwalletへ出金されます。

ではbitwalletへの出金手順を説明します。

出金ページのbitwalletを開くと下記画面になるので出金額を入力、同意事項にチェックを入れてリクエストを押せば完了です。

XMTrading(エックスエム)
 
bitwalletの注意事項

bitwalletから入金をしないと出金画面に表示されない

bitwalletから一度でも入金を行なわないと出金画面に表示すらされません。

bitwalletに出金できるのは入金した金額分だけ

bitwalletからXMへ入金した金額分以上はbitwalletへ出金は行なえません。2019年4月以前は利益分も出金できましたが、マネーロンダリング防止の為、利益分の出金ができなくなりました。

bitwalletで入金した分は強制的にbitwalletへ

bitwalletで入金した分は他の出金方法を選択しても強制的にbitwalletへ戻される仕組みになっています。

XMへの出金手数料は無料

bitwalletへの出金でXMTradingに支払う手数料は無料です。

着金までは数時間から1営業日

営業日内に出金手続きを行なった場合は数時間で着金しますが、営業日外に手続きを行なった場合は翌営業日の着金になります。

SticPay(スティックペイ)

XMTrading(エックスエム)

先程説明したクレジットカードとbitwalletは入金した金額分しか出金できないので、利益分を出金可能なのは海外送金とこのSticPayのみとなります。(2019年6月現在)

しかしながら、SticPayは若干手数料が高いので注意が必要です。(XMとSticPay間の手数料は無料)

どれくらい手数料が必要かと言いますと、SticPay口座から自分の銀行口座へ出金する場合、出金額の1.5%+800円が掛かります。

これが安いか高いかは利益分が出金できるもう一つの手段である海外送金との比較になるのですが、出金する金額によります。

実際にどれくらいの金額を出金するかシミュレーションしてみたら良いと思います。

海外送金の場合、手数料が幾らなのか?(使用する銀行によって違うが、2000円~5000円程度)

SticPayの場合、手数料は幾らなのか?(出金額の1.5%+800円)

これで比較し、安い方を選択されるのが良いと思います。

もしXMTrading以外にも使う、或いはレバレッジ制限にかからないように有効証拠金を調整したいといった場合にはSticPay口座を持っていると重宝するかもしれません。

但し、先日bitwalletが利益分の出金ができなくなったようにSticPayもいつ利益分の出金ができなくなるか分かりませんので注意して下さいね。

それではSticPayへの出金手順を説明します。 出金ページからSticPayを開くと下記画面になるので出金額を入力、同意事項にチェックを入れてリクエストを押せば完了です。

XMTrading(エックスエム)
SticPayの注意事項

一度SticPayから入金しないと出金できない

SticPayへは利益分の出金ができますが、まず一度SticPayからXMへ入金を行なわなければ出金ができません。出金画面にも現れませんので SticPayへ出金したい場合は、SticPayから一度入金を行なって下さい。

自分の手元とSticPay間の入出金手数料が少々高い

XMとSticPay間の入出金は無料なので良いですが、自分の銀行口座とSticPay間は入金・出金ともに少々手数料が掛かります。国内銀行振り込みでSticPayへ入金すると2%、クレジットカードで入金すると3.85%が掛かります。SticPayから自分の銀行口座へ出金する場合は1.5%+800円の手数料が掛かります。海外送金と比較して安い方を選択しましょう。

着金までは数時間から1営業日

営業日内に出金手続きを行なった場合は数時間で着金しますが、営業日外に手続きを行なった場合は翌営業日の着金になります。
 

出金した場合のボーナスについて

まず、XMTradingのボーナスはトレードの証拠金としてだけ使えるものなのでボーナス分は出金ができません。 ではボーナスが口座内に残っている状態で出金をしたらどうなるのか? 出金額の割合に応じて消滅してしまいます。 口座残高の10%を出金したら、ボーナスも10%消滅するという事ですね。

口座残高10万円+ボーナス3万円=有効証拠金13万円 1万円を出金したら3千円分のボーナスが消滅

当たり前ですが、10万円を出金したらボーナスは全消滅します。 こういったルールが存在しますので出金する際はご注意下さいね。

 

XMTradingの出金方法まとめ

全部で4種類の出金方法をご紹介しましたが、クレジットカードとbitwalletは入金分のみの出金しかできないので、実質的な出金方法は海外送金とSticPayの2つのみとなります。

海外送金とSticPayどちらを選ぶかは使用する銀行や出金額によって変わりますが、大きめな金額を出金する場合は海外送金の方が手数料を安く抑えられるでしょう。

しかしながらSticPayを他のサイトでも使用したり、XMTradingのレバレッジ規制を回避する為に出金を頻繁に行いたい場合はSticPay口座を持っておくと便利だと思います。

残念なことにbitwalletが2019年4月から利益分の出金が行なえなくなったので以前よりも出金するのに手数料が多く掛かってしまいます。

ですので必要以上に頻繁に出金を行なうのではなく、ある程度まとめて出金をして手数料を節約した方が良いでしょう。

ではこの辺りでXMTradingの出金方法についての説明を終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました。